ネパールの伝説

ネパールの伝説
ボダナードのストゥーパにこんな伝説があるようです。

 

古に、帝釈天の娘が天律を犯した罪で人間界に堕ち、ネパールの鳥飼いの娘デムチョクとして生を受けました。彼女はチャンダーラ種の三人の男 (鳥飼、豚飼、犬飼) と交わって三人の男の子を生みました。三人の男の子は、お金をためて仏塔チャルンカショル (カトマンドゥ郊外にあるボードナートのストゥーパがこれです。鳥飼いの故事にちなんで現在でも鳥年に大祭が行われています。) を建設しました。
・・・
そう、その三人の兄弟が今や、長男は、あなた ティソンデツェン王 に 、次男は密教行者 パドマサンバヴ ァ に 、三男は私 シャーンタラクシタ に生まれたのです。

 

以下のサイトより引用
レジェンド・オブ・ストゥーパ(仏塔☆伝説)
http://www006.upp.so-net.ne.jp/yfukuda/Tibet/Stupalegend.html

 

ネパールの伝説
このスワヤンブナートのストゥーパにも伝説があります。カトマンドゥが3万年前に湖だったなんて!

 

このストゥーパには次のような伝説がある。
「太古の昔、カトマンズは大きな湖であった。ある時、その湖に
浮かぶ島に咲く蓮華から、大日如来が姿を現した。
それを知った文殊菩薩が、中国からインドへ向かう途中
この湖に立ち寄ると、湖に住む大蛇が悪行を働いて、
民衆を苦しめていた。文殊菩薩は、大蛇に立ち向かい、
利剣で山を切り開いて、湖とともに大蛇を消し去った。
文殊菩薩は、丘として残った島にストゥーパを建立し、大日如来を
奉った。その湖の跡地が、現在のカトマンズになったという・・・」

 

以下のサイトより引用
スワヤンブナート
http://www1.plala.or.jp/naopy/nepal/k_sw.htm